ブログパーツ

団長ブログ スカイラインでドリフト

HCR32でドリフトとプライベート作業を満喫中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↓【ドリフト】や【車】のブログが沢山ありますよ~♪↓
にほんブログ村 車ブログ 車 ドリフトへにほんブログ村 車ブログ ドライブへ


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑




≫ EDIT

ブリーザータンク取り付け 水温対策 ブリーザータンク HCR32 RB25DET

前のエンジンを壊した原因がオーバーヒートと言う事で
今回は温度対策として、
GReddy ブリーザータンク」を装着!!です!( ̄ー ̄)ニヤリッ!

ブリーザータンク

取り付けはいたって簡単です!笑
ラジエター&ヒーターホースより上になるように付けるのがコツ!?笑
ピンスカは、サージを替えておかげでラジエターよりヒーターホースの方が高いためエアーが抜けません。
そこで、ヒーターホースに三叉をかましそこからエアーを抜きます!(*^o^*)

ブリーザータンク

設置位置はブレーキマスターの隣に取り付けをしました!
(*^o^*)

ブリーザータンク

全体にもキレイに収まりグゥ~~~!(*^o^*)

ブリーザータンク

結果!!
水温が上がらなくなりました!(^_-)v
いつも走ってるサーキットで気温25度全開走行をしました!
いつもなら105度前後でウロウロしてた水温が88度から上がらなくなりました!(^_-)v

さらに、真夏の35度のサーキットで水温MAX96度でした!
これはすごい効果ですよ~(^O^)

ブリーザータンク

特にRB20やRB25、1JZなどはGReddy ブリーザータンクは効果があるようです。
おすすめです!( ̄ー ̄)ニヤリッ

GReddy ブリーザータンクをお探しならこちら!

ヤフオクで探す!



関連情報はコチラ!
水温対策
GReddy ブリーザータンク


☆タイヤ☆
輸入タイヤ直販店 AUTOWAY
最近ドリフトで人気のATRスポーツはコチラ!
ドリフトで大人気!フェデラルはこちら!
☆激安バッテリー☆
再生バッテリーを買うならB-POWER
新品の約1/4の価格!家計にも地球にもやさしい再生バッテリー
☆工具☆
スナップオン・ツールズ オンラインショップ
KTC・ネプロスの事ならコチラ!


*注意*
このブログの作業内容については、あくまでもプライベーター(素人)が作業を行っています。
まねをしてトラブルなどがあっても全て自己責任でお願いいたします。
関連記事




↓【ドリフト】や【車】のブログが沢山ありますよ~♪↓
にほんブログ村 車ブログ 車 ドリフトへにほんブログ村 車ブログ ドライブへ


| 日記だよ! | 19:33 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑


返信ありがとうございます!
純正のエア抜き穴から配管しました!
それでもすぐ水温が上がるので最近
ラジエターを前にオフセットして
押し込みで使ってた電動ファンを引き込みに
変更しました。
ベルトまでのクリアランスが数ミリしかないので
1個引き込み、1個押し込みにしてます!

ヒーターホースが裂けてしまいテストできませんが
押し込みのときはラジが厚いので
風が抜ける頃には風力が弱い状態でした(汗

エア抜きタンクの配管ですがトラストと
一緒だと思います。
それぞれ配管はリザーバタンク、純正エア抜きボルト、
ラジエター、一番下がロワーホースからのエア抜きです。

ラジエターからもエア抜きをしてるとの事ですが
3又噛ましてエア抜きタンクからラジエターまでの
配管からエア抜きしてるんでしょうか?

よかったら画像を見せていただけると助かります!

| matan777 | 2010/11/18 22:29 | URL | ≫ EDIT

matan777さん こんばんは!

こんばんは!<(_ _)>

ブリーザータンクの取り付けですが、シルクロード製の配管取り回しがどのようになってるか解らないですが、純正のエア抜き部分の配管は必要ですよ。
確かサーモの後ろ当りにあるやつですよね。
そこからは必ず取り出ししないといけませんよ。(*^o^*)

この記事の画像ではヒーターホースから取り出してますが、現在ではヒーターホースか取り出すのではなく純正のエア抜きバルブとラジエターからエア抜き配管を取り出してます。

文書での説明は難しいですが、一応。。。w
ブリーザータンクの一番上の配管はリザーバータンクへ。
そして、エアーを抜くための配管は1本は純正のエアー抜きバルブに。
もう1本はラジエターからのエア抜き。
そして、ブリーザータンクの下の配管はラジエターのロアホースに取り付けしています。
これでも、始めはエアーの抜けが悪いのでしっかりエアー抜きする事をおススメします。

それとですが、電動ファンが押し込み式との事ですがファンは純正と同じように引き込み式の方が冷えますよ。
私は、大きなファン1基を引き込み式にして、もう1つは純正のエアコンのファンを加工して押し込み式にしています。

現在の仕様で、真夏でも走ってると90℃から上がる事はありませんでした。
メールアドレスなどを教えていただけると私の車両の画像なども送りますので何なりとメッセージくださいね!
(*^o^*)

| 団長 | 2010/10/28 18:23 | URL |

初めまして。
自分はRB25を積んだ180SXに乗ってるんですが
水温が下がらなくて困ってます!
サージは山根さんと同じく変わってて
ラジはKOYOアルミ2層で押し込み式電動ファン2機で
シルクロードのエア抜きタンクもついてます!
ですがエア抜きがしっかりできてないとは思いましたが
ウオーターポンプも交換、サーモ抜きもやって
効果がまったくないので、悩んでます。
そこで質問なんですが
純正のエア抜きボルトに繋ぐ部分を自分はメクラしてるんですが
山根さんのだと、それをヒーターホースに繋げてるように見える
のですがその取り付け方でしょうか?
ラジのロアホースにはエア抜きの配管はされているんでしょうか?

いきなり質問ですいませんがお願いします。

| matan777 | 2010/10/24 19:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ドリフト:スカイライン :高知県 :ハイエース :タイヤ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。